この法人は、一般市民、医療機関及び医療従事者に対して、地域社会における小児救急医療に関する支援や啓発普及、

調査、研究、人材育成などに関する事業を行い、保健、医療、社会教育の推進、こどもの健全育成に寄与することを目的として活動しています。

沿革

200410月 大阪府の委託事業として、大阪府医師会にて大阪府小児救急電話相談(#8000)が開始される。


2005  1月 ♯8000相談員は大阪府看護協会が募集した看護師に、医師は後送となる。


2007年      福井理事:厚生労働省『小児救急のあり方に関する研究:衛藤班』電話相談グループ班員


2009年     同:厚生労働省『小児救急電話相談の実施体制および相談対応の充実に関する研究:保科班』班員


2011年     同:(公社)日本小児保健協会 小児救急の社会的サポートに関する委員会委員として、小児救急電話相談ス キルアップ研修会を担当


2012年    同:厚生労働省『小児救急医療体制のあり方に関する研究班』班員


2013年   ♯8000NTTデータ関西への委託先変更に伴い、大阪府小児救急電話相談上本町事務所(所長:福井理事 事務長:阿部理事)が開設される。

20148月 第24回日本外来小児科学会(大阪国際会議場)にて、ワークショップ「小児救急電話相談の対応を学ぼう」を福井理事・阿部理事・田原理事他が担当

2015715日 特定非営利活動法人小児救急医療サポートネットワーク設立