この法人は、一般市民、医療機関及び医療従事者に対して、地域社会における小児救急医療に関する支援や啓発普及、

調査、研究、人材育成などに関する事業を行い、保健、医療、社会教育の推進、こどもの健全育成に寄与することを目的として活動しています。

新着情報

2018/9/12 活動報告に第28回日本外来小児科学会年次集会についてをアップしました。

     

2018/7/10 研究のお知らせを更新しました。

     

2018/5/22 活動報告に第4回定期総会についてをアップしました。

           

2018/3/7  研究のお知らせページが追加されました。

     

2017/11/13 団体概要に中間決算活動報告書をアップしました。

     

2017/11/9 活動報告に電話応対スキルアップ研修会の様子をアップしました。

     

2017/6/6  団体概要に平成28年度事業報告書・決算書をアップしました。

     

2017/5/29 活動報告に平成29年度第3回定期総会についてアップしました。

     

2017/04/01 【#8000事業】相談用電話機が3台から4台に増えました。

     

2016/10/11 活動報告に電話応対スキルアップ研修会の様子をアップしました。

     

2016/09/08 活動報告に第26回日本外来小児科学会年次集会への参加をアップしました。

     

2016/08/18 ホームに10月1日(土)人材育成事業の研修内容・応募用紙をアップしました。

     

2016/07/16 活動報告に電話応対スキルアップ研修会の様子をアップしました。

     

2016/06/21 近畿ろうきんNPOアワード<はぐくみコース>はぐくみ賞を受賞しました。

     

2015/12/28 コラム「病気やけがとつきあって」を追加しました。

     

2015/12/15 活動報告に第2回電話応対スキルアップ研修会の様子をアップしました。

     

2015/12/03 活動報告に第5回電話相談員研修会の様子をアップしました。

    

2015/11/10 活動報告に第1回電話応対スキルアップ研修会の様子をアップしました。

2015/10/01 研修会のご案内を追加しました。

2015/09/17 沿革を追加しました。

2015/09/07 活動報告に先日行われました理事会の様子をアップしました。

2015/07/15  ホームページを新規オープンしました。

終了しました。ありがとうございました。

実際の録音から学ぶ~口調・聴き方・説明について~

~電話応対スキルアップ研修会2nd

 対象】   クリニックの受付事務職・看護師など

日時】   平成28年10月1日(土)13:30~16:00※開場13:00

場所】   大阪府看護協会 桃谷センター

参加費】  一般 5000円 / 会員 3000円 ※参考書代含む

定員】   40名

講師】   福井 聖子(当団体代表・大阪小児科医会理事・千里金襴大学客員教授)

       ファシリテータ 4名(NPO法人小児救急さぽネット認定員)

内容】   講義とグループワーク

【申込み方法】PDFの申込み用紙を印刷し、裏面に必要事項をご記入の上、

       FAXでお申込みください。定員になり次第、締め切らせて頂きます。

【締切】   9月25日(日)

 

≪クリニックにおける電話応対と小児救急電話相談の相違および研修に関する検討≫

 

【背景・目的】大阪府小児救急電話相談(♯8000)開始後10年が経過し、その間の研修で得た方法を用いて、当学会年次集会で平成24年から3年間電話応対のワークショップを開催してきた。参加者の大半はクリニックに勤務する看護師・受付事務職で、♯8000の研修内容では過不足が生じたため、クリニックにおける電話応対と#8000の相違点を検討し、3年目には電話応対向けの研修を企画し好評であった。改めて、相違点を整理し、研修内容について検討した。

 

【電話応対と電話相談の相違点】♯8000は府内全域の不特定多数の保護者を対象に電話『相談』を標榜している。保護者はとにかく何か聞きたいことがあるために、電話をかけてくる。聞きたいことや状況を確かめる作業が最優先となる。クリニックへの電話は①問い合わせ、②受診希望、③相談の3つの場合が考えられるため、最初にこの聞き分けを意識する。大半がクリニック受診患者の保護者であり、クリニックの方針を基に対応をすればよい。電話で聞きたいことは受診時に聞けなかったことであり、クリニックでの説明に役立てることも可能である。

 

【研修のポイント】電話での会話は言葉だけのやり取りなので、かけてくる保護者が話しやすいようによく聴くことが重要である。保護者の立場で受け答えを見直すよう試みる。クリニックの電話応対では、保護者の意図を3つに振り分ける練習をする。相談では保護者が何を聞きたいかを把握することが大事であり、電話の意図を汲み取ることが求められる。電話は『聴く』ための手段という発想を持てば、さらに情報収集に活用することができる。クリニックでは電話メモを作れば、よく電話のかかる内容は受診時の伝え方の工夫につながり、よく電話のある保護者に対しては受診時に丁寧な確認が必要とわかる。より家庭生活に結びついた指導につなげたい。